全世界が絶賛するandroid|グングン未来が膨らむアプリ開発

男の人

アプリで収益を得る厳しさ

携帯電話

スマートフォンが普及して以降、様々な種類のアプリが開発されてきました。その中には無料のものもあれば、有料のものまであり、ダウンロード無料のものでもアプリ内課金などから収益を出しているものもあります。では、実際どれくらいの収益になるのか。もちろん、その収益は人気がありダウンロード数も多いというのが条件です。人気の出ないアプリでいうと、2年間を通しても数百や数千ほどのダウンロード数でそこから売上が約12000円程ということもあります。数百万のダウンロードまたは数千万というダウンロード数を誇る人気ゲーム開発をしている大手では、1000億を超える売上を叩きだしています。アプリ開発をしても、収益を得るためには数多くの人にそれを知ってもらうということが大事です。TVCMを流したり、SNSを使って宣伝したり、ネット広告で宣伝するなどして名前を売りだして行かなければなりません。人の目につかなければダウンロードすらされません。
今では、スマホゲーの開発を行なっている大手会社の参入は多く、個人で開発を考えている場合はゲーム業界への参入は難しいところもあります。業者に依頼を行なってアプリ開発をすることも可能ですが、依頼日は数十万や100万を超えることもあるため、売上の見込みを算出して確実な収益を得ることができなければ、大赤字になってしまいます。収益なども考えてアプリ開発を行なうのであれば、時間こそかかりますが金銭的にリスクの少ない個人での開発のほうがよいでしょう。