全世界が絶賛するandroid|グングン未来が膨らむアプリ開発

男の人

高性能のアプリを開発

アプリ

世界的に有名なappleの商品であるipadは、実はその単体のみでアプリ開発をすることもできます。通常はPCを用意して、「Xcode」や「Eclips」というツールを使ってアプリ開発をしますが、これから紹介するツールではPCを使わずにつくることができます。1つ目は、JavaScript Anywhereというツールです。このツールでは、JavaScriptやHTML、CSSを利用して開発を行なうことができ、このツール1つでアプリをつくることもできます。続いてはCodeaという開発ツールです。ipadをタップして簡単に設定ができ、PCと編集内容を共有することができます。他にもScriptKitというものがあります。このツールはiOS用のUI、Webサービス用のAPIも用意されていて、タップを使ってプログラムを書くことができるツールです。上記で紹介した以外にも、LunaやPytoistaなどいろいろなアプリ開発ツールがあります。iOSは、アプリの審査基準が厳しいと言われているため、アプリの名称などにテロを連想させるものがあるなどそういった理由からリジェクト(却下)されるということもあります。開発会社に依頼すると、申請も代行して行なってもらえるところもあります。また、ipadで利用できるアプリをリリースするためには、iOS Development Programというところへの申請が必要です。リリースには8400円程度の年会費がかかります。

ipadはパソコン同様に扱うことができるほど性能が優れています。それゆえ、PCの変わりに持っているという方もいるでしょう。最近では、PCを凌ぐほどスマートフォンが売上を伸ばしています。スマートフォンでアプリ開発をして、人気が出るとそのダウンロード数は瞬く間に広がっていくことでしょう。