全世界が絶賛するandroid|グングン未来が膨らむアプリ開発

男の人

ツール作成の開発言語

アプリケーション

iosでアプリ開発をする場合は、プログラミングができる必要があります。そのプログラミングには2種類に分かれています。1つは、Objective-Cという言語を使ったプログラミングです。この言語は、Apple社の共同創設者の1人であるスティーブ・ジョブス氏がapple社を出て立ち上げたNeXTが始まりであると言われています。Apple社を飛び出したものの、後のApple社に買収されてしまいます。その後、MacにそのObjective-C言語が移植されiosでも利用できるようになりました。Objective-Cの開発は今から30年も前の事で、今現在では世界トップクラスのアプリ開発言語として使われ続けています。Swiftは、いろいろな言語が組み合わされてできたようなもので、Objective-CやRuby、C#などの集大成ともいえるような言語です。この2つの言語は、変数の扱い方に違いがあります。Objective-Cでは、変数に対して型を指定する必要があり、またその指定した型はあとから変更ができません。それに対し、Swiftでは、「var」というおキーワードを用いて、型は使わずに変数を指定することができます。Swiftは型の扱いが厳しいため、別の型の値などを誤って入れるとエラーが表示されるため、安全な言語とも言われています。Objective-Cはエラー表示されないため、気づかない危険性があります。
iosでのアプリ開発はこうした各言語の特徴を理解したうえで作る必要があります。ただし、それは1人で開発する場合です。こうしたジャンルを得意とする人もいるので、何人かのグループでiosのアプリ開発をするというのも1つの方法です。